萩原 始 個展

~夏の回遊~

Hagiwara hajime solo exhibition

「入り江」8F 油彩   ¥330,000(税込)
「入り江」8F 油彩   ¥330,000(税込)

Hagiwara hajime solo exhibition

Aug. 17(Wed)- Aug.23(Tue),2022

Hiltopia Art Square

 

萩原 始 個展

~夏の回遊~

 

8月17日(水)~8月23日(火)

初日:15時から

最終日15:00まで

ヒルトピアアートスクエア

 

会場の詳細はこちら


ごあいさつ

 自作キャンバスに油絵具を艶消しのメディウムを用いて描いています。

モチーフは花や静物を前景に背景には海や山など、実際には存在しない風景を描いています。

懐かしくて暖かい、それでいて骨太な構成の絵が描けたらと思います。 


「ニライカナイ」1300×530mm(60号変形)油彩/浜木綿の咲いている沖縄の浜にマンタが飛来/¥1,320,000(税込)
「ニライカナイ」1300×530mm(60号変形)油彩/浜木綿の咲いている沖縄の浜にマンタが飛来/¥1,320,000(税込)

「ひまわり讃歌」1300×803mm(60号M)油彩 /ひまわり畑の上をマンタが舞っています。/¥1,375,000(税込)
「ひまわり讃歌」1300×803mm(60号M)油彩 /ひまわり畑の上をマンタが舞っています。/¥1,375,000(税込)

「陽炎」275×608mm(12号変形)油彩 /真夏の蓮の芽が葉を突き破って伸びています。¥495,000(税込)
「陽炎」275×608mm(12号変形)油彩 /真夏の蓮の芽が葉を突き破って伸びています。¥495,000(税込)

「入り江」8F 油彩   ¥330,000(税込)マンタはさまざまな場所を回遊します。今回は浜木綿の咲いている入り江に来ました。
「入り江」8F 油彩   ¥330,000(税込)マンタはさまざまな場所を回遊します。今回は浜木綿の咲いている入り江に来ました。

「回遊」273×455mm(8M) 油彩 ¥330,000(税込)/マンタが様々なところに飛んで回っている。好きな銚子の灯台にやってきました。
「回遊」273×455mm(8M) 油彩 ¥330,000(税込)/マンタが様々なところに飛んで回っている。好きな銚子の灯台にやってきました。

「碧い影」242×410mm(6号M)油彩 /蓮の田圃にマンタの蒼い影が見えます。/¥253,000(税込)
「碧い影」242×410mm(6号M)油彩 /蓮の田圃にマンタの蒼い影が見えます。/¥253,000(税込)

「海の記憶」158×227mm(SM) 油彩 /かつては海の底であった山を背景に貝殻を描きました。¥132,000(税込)
「海の記憶」158×227mm(SM) 油彩 /かつては海の底であった山を背景に貝殻を描きました。¥132,000(税込)

「tomorrow」158×227mm(SM) 油彩 ¥121,000(税込) /描いた後、タイトルが思い浮かびました。そんな感じがしました。
「tomorrow」158×227mm(SM) 油彩 ¥121,000(税込) /描いた後、タイトルが思い浮かびました。そんな感じがしました。

「北の花」158×227(0F)ガラス絵 ¥104,500(税込)/はまなすの花は北海道のイメージです。南限の群生地は茨城の鹿嶋市で北海道まで行けず、ここで取材しました。
「北の花」158×227(0F)ガラス絵 ¥104,500(税込)/はまなすの花は北海道のイメージです。南限の群生地は茨城の鹿嶋市で北海道まで行けず、ここで取材しました。

「安房の風」273×220mm(3F) 油彩 ¥176,000(税込)/千葉県沖でもマンタが確認されたという記事がどこかの新聞?ネット?に載っていました。
「安房の風」273×220mm(3F) 油彩 ¥176,000(税込)/千葉県沖でもマンタが確認されたという記事がどこかの新聞?ネット?に載っていました。

「landscape」140×180(0F) 油彩 ¥108,000(税込)/季節はずれの薊(アザミ)の花です。故郷の妙義山を背景に色彩をテーマに描きました。
「landscape」140×180(0F) 油彩 ¥108,000(税込)/季節はずれの薊(アザミ)の花です。故郷の妙義山を背景に色彩をテーマに描きました。

「白日夢」333×333mm(4S) 油彩 ¥264,000(税込)/菱形の構図で描きたいなあと思い描きました。上手くハマったと思います。
「白日夢」333×333mm(4S) 油彩 ¥264,000(税込)/菱形の構図で描きたいなあと思い描きました。上手くハマったと思います。

「秋早暁」100×100mm ガラス絵 ¥66,000(税込)/ガラス絵、曼珠沙華の花が好きです。少し涼しくなった山脈を背景に描きました。
「秋早暁」100×100mm ガラス絵 ¥66,000(税込)/ガラス絵、曼珠沙華の花が好きです。少し涼しくなった山脈を背景に描きました。

作家略歴

萩原 始 Hagiwara hajime

 

1965年 群馬県生まれ

1987年 阿佐ヶ谷美術専門学校絵画科卒業

1988年 同研究科修了

●グループ展

1988年 朝の会展出品(以後2008年までほぼ毎年)、三人展(銀座・竹川画廊)~93年

1990年 麦風展(銀座・ギャラリータカノ)~94年

1992年 大阪展(大阪・梅田画廊)~97年、サの会(銀座・泰明画廊)

1994年 二人展(銀座・東京梅田画廊)

1990年 「30代の若手洋画家たちによるASUNARO展」(東急日本橋店)

1998年 二人展(銀座・ギャラリーオガタ〜2002年)

2001年 「現代作家による今日のガラス絵展」(銀座・秀友画廊)

2004年 三人展(広島・ギャルリ青鞜)

2005年 三人展(高崎・画廊オブジェ)〜18年

2006年 山手の坂道展(横浜・ギャラリー山手)〜09年

2007年 海のART展(横浜・ギャラリー山手)〜09年

2009年 GALERIE青鞜移転オープン記念展(広島)

2015年 三人展(伊勢丹松戸)

2016年 三人展(伊勢丹浦和)

2017年 GALERIE青鞜30年記念展(広島) 三人展(伊勢丹松戸)

2017年 花のあるアート(伊勢丹松戸) 三人展(たまプラーザ)

2020年 「青にこんがらがって」日暮里・ギャラリー七面坂途中(22年)

●個展

1999年 銀座・ミズタ画廊(2001年)

2001年 横浜・ギャラリー音楽通り

2002年 銀座・ギャラリー織方

2005年 渋谷・hanairo cafe(ギャラリー上原企画)

2003年 銀座・福原画廊(04、06年)

2008年 渋谷・東急本店美術画廊(〜10年)

2011年 札幌・丸井今井

2014年 沖縄三越

2010年 高崎スズラン(13、15年)

2015年 伊勢丹浦和

2016年 広島・GALERIE青鞜(17年)

2021年 日暮里・ギャラリー七面坂途中