~新・素朴主義宣言!~

ネオナイーブ派展

 

Nov. 18 - 24, 2020 @ ISETAN URAWA

 

~新・素朴主義宣言!~

ネオナイーブ派展

11月18日(水)~24日(火)

伊勢丹浦和店7階=美術画廊


<参加作家>

大塚麻理恵:ヌーヴェル・ポアンティスム

長沼慧:雲母壁面画

矢澤みずき:アクリル画

山中あい:動物オブジェ

 

ナイーブとは「素朴」という意味です。この展覧会では空想やデフォルメなどの、アートの持つ想像的な部分を得意とした異なる技法のアーティスト4名がおよそ50点の作品を展示いたします。また、動画でも会場風景を配信予定です。


ご挨拶

●日本ではここ十数年、写真と見まごう程の緻密な描写の写実作品が隆盛でそれらの作品を一堂に会した美術館ができ、写実をテーマとした美術展も数多く開催されております。その様な中で、本展覧会では空想やデフォルメ(誇張や簡略)を活かして素朴な作風の作品を制作する4名の若きアーティストをご紹介いたします。

 

●現実とは少し違う状態で表現された美術作品はイマジネーションの世界へ繋がる扉です。その中に隠されたテーマや文学性を登場人物の一人となって、その深淵な世界へどうぞ足を踏み入れてください。

 

●それぞれに異なる個性豊かな独自技法と表現を持つ「ネオナイーブ派」はアートの可能性を広げる全く新しい息吹です。

 

●会場の様子や作品解説はインターネット動画でも連日配信いたします。是非ご自宅でお楽しみください。

 


大塚 麻理恵 Marie Otsuka

「ヌーヴェル・ポアンティスム:新点描主義」という独自の表現を掲げ、精力的に活動する新潟出身の画家です。オリジナルストーリーを人場面で描きあげる作風は1ページの絵本と言えます。タイトルとともにお楽しみください。

略歴

1987  新潟県長岡市生まれ

2009  長岡造形大学建築デザインコース卒業

2012  アートフェア,上海

2014  グループ展,スイス・バーゼル

          グループ展,スイス・ベルン

2015  アートフェア,N.Y

2016  アートフェア,香港

          アートフェア,スイス・モントルー

          第4回MVW,福屋八丁堀本店

2017  グループ展,東急たまプラーザ

          MVW桃花展,福屋八丁堀本店

          第5回MVW,福屋八丁堀

2018  アートフェア,シンガポール

          MVW桃花展,福屋八丁堀本店

          グループ展,インドネシア・バリ島

          EGC,阪神梅田本店

2019  EGC,福屋八丁堀本店

          EGC,阪神梅田本店

2020  EGC,福屋八丁堀本店



長沼 慧 Kei Naganuma

フレスコ画の様な風合いを現代の素材で作りあげ「雲母壁面画:きらへきめんが」と名付けました。一貫して幸福を謳歌する世界観を描き続け、描き込まれる動植物や人物は楽園の住人です。マチエールが楽しめる存在感の強い作品群です。

略歴

1990 神奈川県川崎市生まれ

2012 日本工学院八王子専門学校鍼灸科卒業

 

2014   第40回現代童画展(東京都美術館)

2016      アールデビュタント(伊勢丹浦和店)

                  グループ展(福屋八丁堀本店)

                  グループ展(阪神百貨店梅田本店)

2017     グループ展(東急百貨店たまプラーザ)

                  桃花展(福屋八丁堀本店)

                  グループ展(伊勢丹浦和店)

                  グループ展(伊勢丹府中店)

                  グループ展(福屋八丁堀本店)

2018     グループ展(阪神梅田本店)

                  グループ展(福屋八丁堀本店)

2019   個展(南青山)

              グループ展(阪神百貨店梅田本店)

                  3人展(福屋八丁堀本店)

                  EGC展(阪神百貨店梅田本店)



矢澤 みずき Mizuki Yazawa

「レースを纏った動物たち」を現代人の暗喩として描き続けている若き洋画家です。誰もが息をのむレースの細密な描写と博識から馨る全体的な文学感が程よい緊張感を創り出しています。書斎などでの対話相手としてお勧めの1枚です。

略歴

1988 東京都杉並区生まれ

2011 武蔵野美術大学造形学部

          油絵学科卒業

2016 個展,東京

          グループ展,伊勢丹浦和店

          グループ展,阪神梅田本店

2017 グループ展,伊勢丹浦和店

          グループ展,伊勢丹府中店

          マザー牧場(千葉県)にて絵葉書

          販売開始

2018 二人展,伊勢丹浦和店

          EGC展,阪神梅田本店

2019 EGC展,福屋八丁堀本店

          EGC展,阪神梅田本店

          グループ展,阪神梅田本店

2020 EGC展,福屋八丁堀本店

          EGC展,阪神梅田本店



山中 あい Ai Yamanaka

「動物オブジェ」という分野に新しい風を送り込み続ける若きアーティストです。しぐさのある動物たちの表面には風景や模様が描かれ、時には実体の花が咲いています。それは絵画を立体化したよう今まで何処にもなかった斬新な発想です。

略歴

1992年 埼玉県草加市生まれ

2014年 東京造形大学絵画専攻領域卒業

 

2013 グループ展(東急たまプラーザ店/横浜)

2014 草加市美術展入選(accos gallery/埼玉)

2016 個展(gallery hinoki/sawyer cafe/銀座/西荻窪)

2017 グループ展(伊勢丹浦和店/埼玉)

2018 グループ展(阪神梅田本店/大阪)

2019 EGC展(阪神梅田本店/大阪)

2020 EGC展(福屋八丁堀本店/広島)

    阪神梅田本店9階古忨堂にて常設展示中